天使のバストアップ

天使のバストアップ

胸 最大

桶狭間の戦いみたいに、少数の軍が大軍の大将を討ち取って勝った戦い

投稿日:

馬鹿馬鹿しいですが、自分にとっては重大な問題です。終始胸を揉み続...

バストアップブラジャー馬鹿馬鹿しいですが、自分にとっては重大な問題です。終始胸を揉み続けるパートナーについて。
割愛しますが、セックスが非常に下手くそな相手です。 キスして自分の準備が整ったらこちらの都合御構い無しに突っ込んでくるようなタイプ。触り方も下手くそで、不思議なことに一切何も感じなく、濡れません。
普段の流れを書くと、キス→胸を揉む→股間を弄る→挿入。こちらに対する愛撫の所用時間はかなり長いです。内容としてはディープキス後7割(非常に痛い)クンニ、3割胸を揉み続けるというものもの。乳首に触れたりはせず、セックスの際にはこちらの舌、髪、胸、クリトリス、膣以外は一切触りません。
ハグもなしで、過去におつきあいした同年代の男性のセックスが、いかにセンスが良いもであったのかを思い知りました(絶頂を覚えたのがその人とした時です。そうなるまで、心身ともにかなりの時間を辛抱強く割いてくれました。)
一緒にいる間の手持ち無沙汰の時間や、そういう雰囲気の間も「男には無い魅惑の部位である」からという理由の元、終始私の胸を揉み続けています。
で、何が言いたいのか?ですが、相手との付き合い始めてから、友人に指摘されるほど胸が垂れてきてしまいました。
元運動部でしたが、きちんとサポート力のあるアンダーウェアを着用してきましたし、ナイトブラなどから眉唾なものまで、胸の形を保つ方法を実行してきています。また、その甲斐あってか以前までは下着のお店でもよく褒めていただいて、調子に乗れるくらいの形は保っていました。
しかし、スパに一緒に友人と行った際に何があったのかと尋ねられるほど崩れていたようです。
揉み方は普通なら、擬音に表すとして「もみ、もみ」や「ふにゅ、くにゅ」と、相手の顔色を伺いながら触るかと思います。
思い返してみれば、今の相手は手のひらで胸を包み込み、「モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ……(エンドレス)」とまるでスクイーズでも握っているかのようです。生理前など拷問でしかありません。
クーパー靭帯を丁寧に一本ずつ引き千切られて行っているかのようです……。
また、クッキーやパンなど粉同士を満遍なく混ぜるような”捏ねる”動作も織り交ぜてきていました。形が自由自在に変わるのを見、大笑いしたり、興奮している際は胸をガン見しながら異様なほどの時間、微動だにせず揉みしだいています。執拗な程胸を「捏ね、揉み潰す」という行為に没頭しています(どんなに力を込めたり、形を崩しても元に戻るのが不思議な様子でした……垂れてしまったんですけどね)
ちなみに相手の情報としては、童貞歴が非常に長かった40台後半の男性でで、私は20代です。
情報過多の時代信じられませんが「女性の胸が垂れるのは加齢によるものが唯一の原因」「若い女性はハリがあり、(治癒力も高いので)いくらでも好き勝手に触って良い」「揉めば女の方も性的な興奮に繋がりいつでも準備万端」「胸は脂肪。痛覚はない」「揉めば揉むだけ大きくなる」などという認識のようです。
行為中は着衣で興奮する性癖装っていました。下着を極力取らないで垂れた胸を隠していましたが、この間していないシーンで見られた際に「(私)も年取ったなwその歳でその胸はないわw」と。若干引き気味に。AV女優さんや風俗の誰々の胸が美乳だから、見習った方が良いよ、ともアドバイスをいただきました。ちなみに余談ですが、シリコンなどの人工胸はクソ、乳がんの人もないなら自然体でいろ、だそうです。
もうこれ以上触らないでほしいとお願いしても、ほかの愛撫方法を取りたくないのか、「照れないでいいんだよ」か「じゃあどうやって触ればいいんだよ(逆ギレ。要求はガン無視)」か「(無言無視で揉み続ける)」です。
似たような体験をした友人は「胸じゃなくてお尻も脂肪二つだからそっち揉んで」と彼氏に言ったら察して止めてくれたそうなのですが、ユーモアがない相手なので「排泄口が近い、汚い」(性行為中の、膣から空気が抜けおならのように聞こえるあれで萎える)と敬遠します。こちらには全身を始め、尻の穴までなめさせてきますが。
色々な体の人が世の中にはいますので、あまり気にしないようにしてはいます。が、やはり平均的な同年代と比べて見ると、客観的に見て非常にだらしのない胸になってしまっています。
銭湯やスパが大好きでストレス解消によくお世話になっていましたが、馬鹿馬鹿しい話、急に羞恥心が勝って行けなくなってしまいました。
元に戻す方法はないのでもう諦めましたが、正直な気持ち、もうこれ以上触って(崩して)欲しくないです。なんと言えば納得して、止めてくれるでしょうか。別れる以外でお願いします。

.....

正直、そういう人はスパッと言ってやらないと絶対に治らないと思います。
貴方のセックスは気持ちよくない。痛い。今のままじゃただの苦痛でしかない。と
その上で、ゆっくりなおしていってもらいましょう。
童貞歴が長かったということですが、そういう人は経験の少なさから女性の実際というものを知りません。
また、ネットで得た間違った知識を馬鹿みたいに信じて平気で行ってきます。
女性の身体も心もとっても繊細なものです。優しく接するのが男としての礼儀です。
スパッと言って、なおらないなら永遠にそのままです。
別れてもいいと思います。
◆旧ステレオタイプな女(自分の世代の)しか知らないようなのは、身を以て知りました。
AV的な傷つけるような触り方も平気でしてきますし、言っても拗ねるだけで治っていません。困ったな?というポーズはとってもそれだけ。自分が興奮できれば良いようです。
学生さんなどの、若くて素直な童貞なら可愛げもあるでしょうし、お姉さんに人気なんでしょうけど、ねぇ……。
◆そんなに嫌なら、別れる以外ないと思います

◆こんにちは。クーパー靭帯のことを知っているか 聞いてみてください。※伸びたり切れた場合 元には戻らないこともね?
◆胸は性感がないんじゃぁぁ!
と言うのもありかと
◆なんでそんなオッサンと続けてんのか
そっちおせーてよ
(・∀・)?


桶狭間の戦いみたいに、少数の軍が大軍の大将を討ち取って勝った戦い...

バストアップブラジャー桶狭間の戦いみたいに、少数の軍が大軍の大将を討ち取って勝った戦いを教えてください。


「沖田畷の戦い」が有名です。
●沖田畷の戦い(1584年)
肥前国森岳付近(長崎県島原市)にて
龍造寺隆信軍と有馬晴信・島津家久の連合軍との間で行われた合戦です。
諸記録がありますがが、
龍造寺隆信軍60000~25000 対 連合軍8000~9000
天正6年(1578年)
当時の九州地方における3大勢力である大友・島津・龍造寺の中で最大勢力が大友氏でした。
ところがその大友宗麟は、日向国(宮崎県)の「耳川の戦い」において
島津義久・義弘・家久の島津軍に大敗し有力家臣を多数失い衰退に向かいました。
この大友氏の衰退もあり、肥前国(佐賀・長崎県)の龍造寺隆信が勢力を拡大。しかし隆信の強圧的な統治や家臣の殺害はやがて離反を招きました。
天正12年(1584年)3月
肥前国島原半島の有馬晴信が龍造寺隆信から離反しました。
これに対して龍造寺隆信は自ら60000とも言われる軍を率いて討伐に向かいました。
有馬晴信は龍造寺隆信から離反するにあたって島津氏と同盟を結んでいました。
その為に有馬晴信は島津氏へ救援を依頼しました。
同盟を結んだ有馬晴信を見捨てれば、島津氏へ従っている他の国衆の離反を招くかも知れませんから島津氏も有馬晴信への救援を承諾しました。
しかし島津軍の主力部隊が島原半島へ移動しては、衰えを見せているとは言え大友氏が島津領の肥後国(熊本県)方面へ侵攻する危険がありました。
実際に筑前国(福岡県)西部方面には、大友家のあの立花道雪と高橋紹運(立花宗茂の実父)の二人がにらみを利かしていました。
しかも島原半島へ渡る船舶の数が足りない事もあり、結局派遣できたのは島津家久を大将とする3000程の兵だけでした。
ただし島津家久を補佐する武将には、新納忠元、伊集院忠棟、川上忠智らの歴戦の優れた武将たちを派遣しているので、少数とは言え精鋭部隊ではあったと思われます。
そして島原半島に到着後、早速、有馬晴信の本拠地の日野江城で有馬晴信と島津家久らは軍議(作戦会議)が行われました。
有馬晴信は、当然城に籠城して島津軍本隊の援軍が到着するのを待つという常識的な作戦を提案しました。
ところが…。
なんと圧倒的に劣勢なのにもかかわらず島津家久は迎撃策を主張しました。
龍造寺隆信軍の進撃路にある沖田畷という地点が防御に向いていると判断したからでした。
有馬晴信の本拠地の日野江城への進撃路の途中にある有馬氏の森岳城周辺には湿地帯が広がっていました。
そしてその湿地帯の中を細い小道が通っていました。
この周辺は「沖田畷」と言われていました。
「畷」とは湿地帯の中に延びた小道の意味です。
この沖田畷は、湿地帯と深田の間に通された2、3人程度しか横に並んで歩けない狭い道で、ここであれば敵が大軍であっても横に広く軍勢を展開できないため、小勢の島津・有馬連合軍からすれば、迎撃するのにうってつけの場所でした。
ここに罠をしかけ、龍造寺軍を深く湿地帯に引き込めば、少数で大軍を制することも可能であるというのが家久の作戦でした。
そしてこの島津家久の作戦は理にかなっているとして他の将士たちも賛同し、連合軍は積極的に打って出る事を決定したのでした。
そして連合軍は出陣してこの沖田畷周辺に布陣しました。
沖田畷は東に浜道があり、西に前山があり、海と山に囲まれた地形でした。
(つまり中央部の小道の他にも山側と海岸線にやはり小道ながらも迂回路がありました。)
連合軍はこの畷の中央部の小道を封鎖するように大木戸や柵を築いて守りを固めました。
そしてまず大木戸の守りに島津軍の赤星統家勢が50名という少数で配置。
伊集院忠棟が1000名を率いて海岸線に伏兵として潜み、
新納忠元も同じく1000を率いて前山の山裾に伏兵として潜み、
島津家久も森岳城の背後に伏兵として潜みました。
そして島津・有馬連合軍は龍造寺軍の到着の1日前に防御作戦の準備を整え終えたのでした。
そして翌日、龍造寺軍の大軍が現れました。
龍造寺隆信は森岳城を見渡せる小山に上り、敵方の連合軍の陣営を一望してその数の少ないことを見て勝利を確信しました。
しかし龍造寺軍の智将である鍋島信生(後の鍋島直茂)は、島津軍が援軍に来ている事から警戒を強めるようにと龍造寺隆信を諌めました。
だがこの頃には独裁色を強め、家臣の諫言を受け入れない驕り高ぶった状態であった隆信はこれに耳を貸さずに攻撃を開始させました。
そして龍造寺軍が攻撃を開始すると島津軍の先鋒の赤星統家勢は大木戸門より出撃し龍造寺軍と戦いますが、すぐに大木戸まで退却しました。
もちろん龍造寺軍はこれを追撃。
大木戸門へと殺到となると思われましたが……。
ところが大軍が湿地帯の中に延びた小道に殺到した為に動きが取れず、大半の兵は胸まで埋まる深田の泥沼の中で身動きが取れなくなりました。
そしてそこへ今まで大木戸内周辺に潜んでいた連合軍兵が一斉に鉄砲・弓で攻撃した為に龍造寺軍は被害が続出しました。
そしてこれを助けようとした龍造寺軍の第2陣の軍勢たちもも同じく深田の泥沼にはまって大混乱となりました。
この予想外の大苦戦に、状況が把握しきれない龍造寺隆信は前線に使者を偵察に派遣して戦場の様子を把握しようとしました。
ところが戦場に着いたその使者は、
「何をもたもたしておる!命を惜しまず突撃せよ!」
などとと命じられてもいない事を勝手に前線の兵たちに触れて回りました。
そしてその為にそれを聞いた将兵らは
「俺たちに死ねというのか!」
と抗議しながらも更に無謀な攻撃を仕掛けた為に龍造寺軍の混乱は収拾がつかなくなってしまいました。
島津方の伏兵からも弓・鉄砲で射撃され、龍造寺兵たちは深田の中で次々と射殺されて犠牲者が続出する中で、後ろから更に無謀な突撃を仕掛ける兵たちが押し掛けて来るので退却しようにも退却できずに次々と戦死して行きました。
また東の浜道方面と西の前山方面でも戦闘は行われていましたが、やはり龍造寺軍の進撃は阻止されていました。
これに苛立った龍造寺隆信は、自ら全軍を督戦しようとついに本陣を前線方面へと前進させました。
そして龍蔵寺軍のこの混乱をを勝機と見た島津家久はついに全軍総攻撃を命じ、これを受けて抜刀した島津軍の怒涛の突撃が開始されました。
「沖田畷の戦い」の開始直後の赤星統家勢の誘引囮作戦から始まった
島津軍の必殺戦法の『釣り野伏せ』がさく裂した瞬間でした。
これに対してパニック状態の龍造寺軍はなすすべもなく、やがて島津軍の川上忠智勢に龍造寺隆信がいる本陣に突入されてしまいました。
隆信の側近の近習たちも奮闘しますが勇猛でなる島津兵に次々と討ち取られて行きました。
龍造寺四天王と言われた1人の百武賢兼も40名の部下と共に力尽きて討死。
龍造寺隆信は覚悟を決めたのか床机に腰掛けたままでした。
(普段の移動は6人もの人数で担ぐ駕籠に乗っていたとも)
そこへ
「龍造寺隆信殿とお見受けいたす。川上左京亮忠堅、見参。御首級頂戴!」
隆信は島津軍の川上忠堅(川上忠智の子)に首を切り落とされてしまいました。
時に龍造寺隆信五十六歳。
『肥前の熊』と恐れられ猛威を振るった戦国大名のあっけない最期でした。
総大将を失って総崩れとなった龍造寺勢は本拠地の佐賀城などへと総退却しました。
島津軍の奇跡的大勝利でした。
龍造寺軍の被害は目を覆うばかりでした。
龍造寺四天王といわれる重臣たちも、皆、戦死しました。
木下昌直は鍋島直茂の戦場離脱を見届けてから島津軍に切り込んで戦死。
江里口信常は島津家久の姿を求めて斬りまくって島津兵の死体の山を築きますが、ついに取り囲まれて戦死。
成松信勝は龍造寺隆信の戦死を知ると部下16名と共に島津軍に切り込んで戦死。
円城寺信胤もこの戦いで戦死しています。
※龍造寺四天王は5名の名があり、成松信勝が筆頭としてその下に4人がいるとの説もあります。
更に鍋島直茂の実弟の龍造寺康房と小河信俊の二人も戦死してしまっています。
島津氏が龍造寺氏に大勝して、跡を継いだ龍造寺政家も屈服した事により、龍造寺家の傘下にあった国人らは一気に島津氏に寝返り、島津氏の勢力は一気に筑前・筑後(福岡県)まで拡大しました。
以後、九州は島津が最強の勢力として君臨し、と豊臣秀吉の九州征伐直前には九州制覇寸前にまでなります。
一方、当主の隆信と重臣を多数失った龍造寺は衰退し、嫡子の政家が病弱な事もあり、龍造寺氏は重臣である鍋島直茂が国政を代行するようになります。
そしてやがて龍造寺氏は鍋島直茂に実権をにぎられ事実上乗っ取られる事となりました。
◆Q『桶狭間の戦いみたいに、少数の軍が大軍の大将を討ち取って
勝った戦いを教えてください』
●有田中井手の戦い
毛利家1000VS武田5000の戦いで
寡兵の毛利元就軍が敵大将「武田元繁」を打ち取り
戦に勝利しました。
●木崎原の戦い
伊藤家3000に島津家300だったが
伊藤家が撤退し伊藤家大将「伊東祐安」を
島津軍が打ち取り勝利しました。
●喜連川五月女坂の戦い
宇都宮軍2000VS那須軍500といった戦いでしたが
宇都宮軍大将「宇都宮尚綱」が前線に出た所を
那須軍の武将が弓矢で射ち殺ろし
那須軍が勝利しました。
●河越城の戦い
大将かは微妙ですが大将格の「上杉朝定」が討ち死にしました。
北条1万VS足利・上杉連合軍8万の戦いで
北条家が夜襲し連合軍を打ち破り
その際に連合軍の一角である「上杉朝定」を打ち取っています。
◆河越夜戦
厳島の戦い
沖畷の戦い
戸次川の戦い
◆s://jamwikipediaorg/wiki/沖田畷の戦い


-胸 最大
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.