天使のバストアップ

天使のバストアップ

巨乳 成長

おはようございます。 妄想質問です。 主人公:大学生・童貞・彼女な

投稿日:

高3男です。高2の妹の携帯何気なく観てたら 友達3人と上半身裸でふざ...

バストアップブラジャー高3男です。高2の妹の携帯何気なく観てたら 友達3人と上半身裸でふざけ合ってる
動画があって自分のに転送し
ゆっくり観たんですが、、
皆思ってたより胸が大きいというより
お椀みたいに形がいいんです。
なんか観る度にチンチン大きくなり
シゴいてしまい終わったあとは
もうしない、と誓うんですが
数時間するとまた同じ行為してしまうんです。
異性の胸なんてリアルに見たことないし、
彼女なんてもちろんいないから
仕方ないと自分に言い訳してしまいます。
でも動画消去する気にもなれません。
どうしたらいいんですかね?


持ち続ければ良いじゃないですか、記念ですよ。男が女の身体に興味があるのは当たり前でしょ、自分にない物持ってんだから!
ただ、これをオカズにシコってたら凄い嫌悪感が頭をよぎるでしょ、それでいいんですよ、頭が正常な証拠ですよ。
◆ありがとうございます!
なんか妹の友達らは
よく遊びにきてて
よく知ってるから余計に
興奮してしまうんです。
普段は服のうえだからぺったんこな
胸なのに生ではこんなに
あるんだとか、、思いながら
してしまうんです。
◆男だからおっぱいの動画見たくなるのは当然ですよ!笑笑
普段から面識があるからこそ興奮しますよね。わかりますよ笑
妹にはバレないようにそのまま持ち続けていればいいですよ
◆女、作りましょう。


最近食べ物が飲み込みにくいです。中学3年です。 半年ぐらい前から食...

バストアップブラジャー最近食べ物が飲み込みにくいです。中学3年です。
半年ぐらい前から食べ物や水、唾を飲み込もうとすると喉でつかえる感じがします。
食事の内容は焼き魚や肉など、加工食品は食べていません。 噛む回数はとにかく多いです。一口100回ぐらいは噛んでいると思います。しかしそれでも飲み込めません。
もう最近は水で流し込んでいます。でも半年ぐらい前はどうにか自力で飲み込んでいたので、こうなった原因は水で流し込んでいることではないと思います。
事情があって、食事量を減らすということは絶対にしたくありません。
何か解決方法はないでしょうか。病院に行くとしたら何科ですか?


若干の嚥下障害的ですね。
延髄など神経中枢に原因がある可能性も感じますので
まずは、専門医に診てもらってください。
嚥下障害は鉄分不足で起きることもあります。
とりあえず今日から
薬局で鉄分補給のサプリメントを
しばらく飲んでみて効果を試してみてください。
お大事に。


もしも「高校生クイズ」だけでなく、「中学生クイズ」があったら、女...

バストアップブラジャーもしも「高校生クイズ」だけでなく、「中学生クイズ」があったら、女子チームはもっと勝てるようになると思いますか。 私はズバリそうなると思います。実際の「高校生クイズ」では、女子のみのチームで優勝したのは、第2回の宮城第一女子高校と第14回の石橋高校のみです。
中学生年代だと、女子の方が早く成長し、しっかりしているので、仮に「中学生クイズ」があったら、女子チームが結構勝つのでは?と思います。
ただ中学校は義務教育故に、過度なテレビ露出を好まない学校は多く、反発は出るでしょうね。


女子の方が成長が早いのは 身体的な面ですよ
頭脳面?では男子の方が早く成長するそうです
近年は学校内や公開模試でも個人成績ランキングを
発表しなくなりましたが 発表されてた頃の
上位者は 圧倒的に男子が多かったですからね
将棋や囲碁の世界でも 子供の頃から男子が圧倒的に強いですよね
これは女子の血中に多く存在するエストロゲンという成長ホルモンが
関係してると言われています
赤ちゃんは脳の右脳から先に発達しますが
女子はエストロゲンの関係で体と共に左脳の発達も男子より早くなります
左脳は言語脳なので女の子の方が早くしゃべりだすのは このためです
男子は左脳の発達が遅いので 先に右脳ばかりが発達してしまいます
幼少期に男子が不器用なのはこのためと言われます
しかし このことが成長するに従い 男女の能力差につながります
右脳ばかりが先に発達するという事は 空間認知能力やイメージ力
直観力・記憶力が先に女子より発達することになります
左脳がゆっくり発達することで 右脳と左脳を連絡させる神経細胞が
女子よりも格段に増えるため 右脳と左脳をバランスよく機能させ
補完させることが出来るようになるため 中学生の頃になると
男女間の学力的な差は広がってきてしまいます
故に 女子だけのチームの優勝する確率が上がることはないでしょうね


暑苦しい夜が続いてますね。寝るときクーラーかけるんですが冷えすぎ...

バストアップブラジャー暑苦しい夜が続いてますね。寝るときクーラーかけるんですが冷えすぎないように、窓開けて一番弱いクーラー29度設定で朝までかけて寝たんですが起きたら体がダルいし重い。 かといってクーラーかけてなかったら目覚めたとき暑さで胸焼けがして気分最悪w
どうしたらいいですか?
皆さん暑苦しくないですか。どうしてます?
人間関係とバイクカテなのは、人が多そうなのと私が人もバイクも好きで皆さんに聞いてみたいからです。カテ違いではないですw


扇風機は使われてますか?
直接体に風が当たらないように、部屋の空気を動かすと、マシだと思います。
また、目覚めた時に胸焼けと書かれていますが、水分補給は十分にされているでしょうか?(熱中症や脱水の危険性はないかって意味です)
◆「冷房」で十分冷やしてから「除湿」の弱に切り替えます。
◆私は、エアコンの設定温度は少し暑いくらいにして扇風機を併用してます?後は、掛けぶとんで調整します?(*´∀`)♪
◆窓開けて? 窓は閉めとかないと冷やそうとして冷たい風が出る。
1時間前から29度にして部屋の温度を均一にしとけば、ゆるい冷風で
不快な冷風は緩和される。
私は寝室は1日中30度設定にしている、室温29℃で安定している、
34~36.2℃の居間にいるが、時々寝室で体を冷やすている。
◆大きめの保冷剤を凍らせて、股に挟んで寝てます。
タオルにくるんでくださいね。
◆アイスノン使えw


おはようございます。 妄想質問です。 主人公:大学生・童貞・彼女な...

バストアップブラジャーおはようございます。
妄想質問です。 主人公:大学生・童貞・彼女なし
水沢柚乃:主人公のいとこ(妹)・大学生
高橋しょう子:主人公のいとこ(姉)・グラビアアイドル
設定
ある夏休みに小学生以来約10年ぶりにいとこが2人で主人公の家に遊びに来ました。
いとこ姉妹は会ってないうちに妹の柚乃はスレンダー美人に姉のしょう子は巨乳美女に成長していました。(ちなみにしょう子の方は人気グラドルで主人公の友達皆オカズにしている。主人公もしょう子で抜いてる。)
数日主人公の家で泊まることに。昔みたいに3人で遊ぶが(海水浴に行ったり。。)当然昔と違って3人とも大人になっている(特に主人公は童貞なので)ので何も起こらないわけがなく。。。
こんな感じの妄想エロ小説をお願いします。

しょう子,柚乃,主人公,いとこ,高橋しょう子,童貞,ジュボジュボ ジュボジュボ容赦

その日、僕の家の前にはクラスの仲の良い男子数人がソワソワしながら待ち構えていた。
茂「お前ら、マジで近所迷惑だから帰れよ」
友人「いいじゃんちょっと見るだけ、見るだけだから」
僕の従姉妹がたかしょーだと知っている友人に、つい彼女が家にくることを言ってしまったのだ。
タクシーが止まり、ドアが開く。
長い髪の、スラリとした太ももが見え、女の子が降りて来る。
柚乃「茂くん!久しぶりー!」
いきなり僕に抱きついてくる。
茂「え?もしかして、ゆのしー?(めっちゃ大人っぽくなってる、しかもカワイイ…)」
柚乃「マジ久しぶりだねー!相変わらずモッサいね茂くん!」
茂「会うなりなんてヒドい…(か、顔が近い…)」
見た目は大人になったが、中身は10年前と変わらず、キャピキャピとした女の子のままのようで、不必要に密着してボディタッチが多い柚乃。
友人たちは柚乃のミニスカをガン見しながら、タクシーの支払いをしている車内をチラチラ気にする。
そして、たかしょーが降りてきた。
友人たちがざわつく。
「マジか本物だよ…あ、あの、握手してください!」
「ヤベー、オッパイ見てたら勃ってきた」
茂「おいお前らやめろよ!」
しょう子「茂くん久しぶり。ってゆーかこの人達は?」
茂「あ、ついしゃべっちゃって、つまり、しょう子ちゃんのファンらしくて…」
しょう子「あ、なるほど。みなさん、たかしょーです。応援ありがとうございます」
自分の従姉妹がまさかグラドルになるとは。しかも自分の超タイプ。かわいくて巨乳。
オカズ率トップクラスである。
しょう子「みなさん、お礼に握手しますよ」
そういって友人一人ひとりと握手し、さらにハグのサービス。
友人たちは全員勃起している。
「し、茂、俺ら帰るわ(帰って抜こう、そうしよう」
しょう子「あ、帰っちゃった…どうしたんだろ、シコシコするのかな」
柚乃「シコシコって何?お姉ちゃん」
しょう子「あんたもグラビアやったら分かるわよ。ね?茂くん」
茂「え?あの、まぁ、アハハ」
(つづく)
どういう展開に持っていくべきか…
◆たかしょーの誘惑か、ゆのしーにエロエロか…悩む…
◆小さい頃から仲がとても良かったイトコ同士の僕と柚乃。
けど、大きくなって僕は先に大学進学して上京。
それから二年後・・・、柚乃も大学進学の為に今年上京して1人暮らしを始めた。
また一緒に遊べる!それどころか、もしかして・・・それこそAV的な妄想を駆り立てた。
二年先に上京しているお兄ちゃんとして、色々な所に連れて行って楽しませて、上京したてで不安がっている柚乃にカッコ良い所をみせて、そして柚乃と・・・と色々と妄想と計画を練っていた(本当は色々な所なんか全然知らないけど)
5月下旬。
その頃位から、柚乃の服装の変化に僕は気付いた。
僕にしてみたらお洒落に、そして露出も多くなっていく柚乃。会う度に僕はドキドキしてしまっていた。
そんな柚乃に段々と気後れし始め、どこかに一緒に遊びになんてとてもじゃない。
お兄ちゃんぶってた会話も、段々と化けの皮が剥がれてきて、しどろもどろに。
けど、柚乃は昔のままの優しさで僕に接してくれたので、今はこうだけど、いつかは僕と柚乃は・・・と、1人部屋に戻ってから妄想に耽っていた。
6月中旬。
街で柚乃を見かけた。丁度お店に入ろうとしている所だ。前にも増してお洒落な格好に身を包んだ彼女に気後れして声を掛けようか悩んでいると、柚乃の隣にいる男に気が付いた。
・・・武彦おじさん?なんでこんな所に?
とてつもなく嫌な感じに襲われた。
僕と柚乃のおじさんにあたる人。父親いわく、東京で好き勝ってやっている末っ子道楽者。
いかにも東京の人って感じのお洒落だけど少し変わり者。
小さい頃は、自分も柚乃も良く遊んで貰ってた。が、僕は自分が高校生になった頃から、このおじさんが嫌いになっていた。
それは、その頃から頻繁に柚乃の口から『武彦おじさん』の名前が出始めたから。
「武チャンに遊びに連れて行ってもらった」
「武チャンにコレ買ってもらった」
「武チャンが・・・」
いやいやいや。不思議な事じゃ無いじゃないか。
柚乃はおじさんにとって姪だし、僕だって甥だ。同じ東京にいるんだし、それに僕だって柚乃とたまに会ってお茶ぐらいはしている(こんなお洒落なお店には入った事は無いけど・・・)
けど・・・そう思おうとしているのに『ナンで?ナンで?ナンで?』という疑問に全てを塗りつぶされる。
もしかしたら見間違いかも・・・と思い、2人の姿を確認しようとしても、自分ではこのお店に入る事すら出来ない。
じゃあ、出てくるまで待つ?けど、待ってその後どうするの?声をかける?それとも柚乃にラインで・・・おじさんが姪とお店から出てきて、甥から声を掛けられる・・・おかしな事じゃ無いよね?気マズい事じゃ無いよね?・・・ないよね?・・・ない・・・よ、ね?
結局、僕はその日はそのまま帰宅してしまったんだけど、頭の中は先程の事でパンクしてしまいそうだったので、思わず夜に親に電話をしてしまった。
「そういえば、武彦おじさんってまだ東京にいるんだっけ?」
「会ってなかったの?」
「・・・忘れてた」
「そんな事より、イトコの柚乃ちゃんの事宜しくね。何かあったら助けて上げてね」
「そ、そういえば、柚乃と武彦おじさんってサ、な、仲・・・良いの?」
「仲?いいでしょ、普通に。柚乃ちゃんが高校の時に何度か1人で東京に遊びに行って武彦のトコに世話なってたらしいし」
「・・・・・・そ、そうなんだ・・・」
ナンっっだよ!ンだよ!ソレ!!んな話、柚乃からも聞いた事ねーよ!
はぁ!?おかしいだろ、ソレ!?
・・・あ、違う・・・僕が高3の時に一緒に行かない?って誘われたんだった・・・
あれ?じゃあ僕が行かなかったからしょうがなく1人で行った?
姪や甥がおじさんの所に遊びに行くのは、おかしな事じゃない?そうだよな・・・おかしな事じゃないよな・・・親も疑問に思ってないみたいだし・・・っ!ちょっと待って!・・・まさか・・・泊まりじゃないよね?んな訳ないよね?・・・さすがに泊まりな訳ないか・・・そうだよな・・・その確認の為にまた親に電話したら変に思われるよな・・・けど、そんな訳ないよな・・・常識的に・・・
・・あ・・ああぁ・・まってまっ・・あっ!またッまたッ・・んっっ・・あああぁッッ!!
ほんっと、ココ弱いんだな・・
・・はぁ、はぁ・・・・だって・・だから・・まって、って・・・
待ってあげる訳ないじゃん、すげぇ気持ち良さそーな声出してるのに
・・恥ずかしい・・
けど、その恥ずかしい声、俺すっげぇ好きだよ
・・・・
最初の頃は全然声出せなかったのになぁ
・・だって、よく分からなかったし・・恥ずかしかったし・・
けど、今じゃ声だけじゃなくて、H自体も大人なHが出来るようになったしなぁ
・・私、もう大学生になったし・・大人だし・・
なったばっかじゃん!
・・っていうか、子供に大人な事してきた人のせいだし・・
おいおい、『子供』ってのは誤解を招くからチョット・・けど、大人になってきたのはホントだよなぁ
・・ホント?
ホント。顔もカラダもイイ大人の女になってきた。性格はまぁ、他の男に判断任せるとして。俺とHの相性もすげぇイイと思うし。
・・ホントに!?私も『相性』?すっごいイイと思う!
お前、俺しか知らねぇじゃん。
・・確かに知らないけど・・やっぱり他の人ともしてみた方がイイのかな?
お、凄い事聞いてくんね。んー、けど、ほっといてもコレから色んな男に声掛けられると思うけどね。ますますイイ女になっていくだろうし
・・ん~、やっぱそういうのは当分いいかな。そういうの無くても私に『大人』な事を教えてくれてシテくれる誰かサンがいるし
あ、今のセリフすげぇ大人っぽいかも
・・今のが!?・・・・あ・・んっ・・
ほら、休憩終わって、ココがまた『大人』な事したいって言ってるよ
・・言ってな・・あ・・ああッん・・やだ・・なんか・・Hな音・・
ほら、いつもみたいに言ってみな
・・やだ・・んっ・・
じゃー、やめよっか
・・やだぁ・・・・た、タケちゃんの・・
柚乃、Hの時はその呼び方禁止だろ?
・・んん~・・いじわる・・・・タケおじさんの・・お、お○ん○ん・・下さい・・
設定無視ごめん!準NTR物として。
ちなみに、姉は2人の事を疑っている。甥君も2人の事を疑っている事から、姉&甥君でやり取りしている内に事が事だけにエロい空気になり、ここでも間違いが発生。って設定まで考えました。面倒くさくなって止めました。
◆AVの観すぎでは?(笑)
年の近い妹の柚乃と彼女の部屋で遊んでいたところ、ふと僕の手が柚乃のお尻に触れたのですが彼女は何も気にする様子がありませんでした。
僕はまだ女性の身体を見たことがなかったし、触れたこともなかったので思い切って柚乃にお願いしてみました。
「あのぅ~柚乃さ…僕まだ童貞で女性の身体を見たことがないんだ」
「お願いだから見せてくれない?」
「ダメだよ…童貞だったら素敵な彼女見つけて見せてもらえば…」
「もう我慢できないんだ…柚乃ぉぉぉ~」
「ダメだってば…」
でも男の力にはかないません。
柚乃は次々と服を脱がされるのでした。
隣の部屋にいた姉のしょう子が異変に気付きます。
ガチャ…「何やってるの?いくらいとこだからってそんなことしちゃダメだよ」
「だってお姉ちゃん僕まだ童貞で大学でバカにされてるんだ…だからどうしてもしたくって…」
「わかった私が童貞奪ってあげるよ」
2人とも…目が点に…
グラビアアイドルでいつもプロデューサーと寝ているしょう子だったので別に罪悪感もなくその場で服を脱ぎ捨てて
「ビンビンじゃないの?舐めてあげる」
ジュボジュボ ジュボジュボ容赦ないしょう子のフェラで童貞の僕は果ててしまいました。
「たくさん出たのね…若いんだからすぐに起つでしょ」と言いまたフェラし始まりました。
妹の柚乃に「いつものように私のおマンコ舐めるのよ柚乃」と命令してコクリとうなづく柚乃であった。
十分に濡れたしょう子は僕の上にまたがり入れて行くのであった…
「お・お姉ちゃん、き・気持ち良いよ」
「で・でもまたイキそうだよ」
「良いわよイッテも…」
「うん、イ・イク…」
「お姉ちゃんばっかりズルイ…私も」と柚乃が上がって来たのであった。
柚乃は2人の行為を見ながら自分でオナニーしていたからすでにビチョビチョだったのだ…
「あたしもイッちゃう」「ぼ・僕も…」
三度イッた僕だったが柚乃にお掃除フェラされたらまた大きくなってきたのだ。
しょう子が「また起ったのね…若いって良いわね」と言い「今度は後ろから突いてごらん」と言いお尻を突き出したのだ…
夢中でしょう子のおマンコにバックで入れている僕を見て柚乃がキスをしてきてついに3Pになってしまった。
下手な文章でしたが先っぽ濡らしてくれましたか?(笑)


-巨乳 成長
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.