天使のバストアップ

天使のバストアップ

胸 理想

アースキン・コールドウェル(アメリカ人作家)の作品を読んだ方、感想

投稿日:

プラセボ効果という言葉がありますが、水素水とかいう怪しい水や、変...

バストアップブラジャープラセボ効果という言葉がありますが、水素水とかいう怪しい水や、変なダイエット薬でも同じ効果を期待しているのでしょうか?


風が吹けば桶屋が儲かるレベルのものもありますが、一応、それなりの科学的な理屈が存在します。
#もっとも、理屈通りにいかないのが現実ですが。
効果に関しては、ほとんどのものが、プラシーボ効果レベルや、期待外れ程度のようです。
例えば、消費者庁から指導を受けた、機能性表示食品の某ダイエットサプリの場合、論文では、サプリメントに運動を加えたうえで、一般の人で見られる日内変動程度のダイエット効果が認められました。
◆効く人には効く、効かない人には効かない、ということですね。
◆同じ効果を期待しているのでしょう


加齢臭について。 40歳を過ぎてから頭皮の臭いや着ていたタンクトップ...

バストアップブラジャー加齢臭について。 40歳を過ぎてから頭皮の臭いや着ていたタンクトップの背中の部分の臭いが気になるようになってきました……
ちなみに私は女性です。
出勤前と寝る前にシャワーしていて清潔にしているつもりなのですが、昼過ぎに頭皮や背中をあえて指で擦って臭いを嗅ぐと臭いです。。。
柿渋サプリを飲んだりしていますが、あまり効果は見られません。
病院に行ったら何か処方してくれるものでしょうか??
またどうしたらいいか気にならなくなりますか?


それは、夏限定ではないのでしょうか?
夏は汗や皮脂も多くなるので、そうならない人もいますが、臭う人は臭いますし…。
それか、失礼ですが太りぎみということはありませんか?
私は20代ですが、太りぎみで、頭皮は嗅いだことがないので分かりませんが、夏場は特に胸の谷間、脇は物凄く臭います…。
何が原因かは分かりませんが、太りぎみの人や太っている人は臭う方が多い印象です…。
私自身、逆に痩せていた時は全く臭いませんでした。
ビオレから出ている、ピンク色のデオドラント製品があるので、そういった物も試してみてもいいかもしれません。
製品名が忘れてしまって申し訳ないのですが、私は使っていますが、短時間なら防いでくれる感じです。
あとは、防臭効果のある柔軟剤やビーズも少し軽減してくれます。
あまりにも酷いようなら、病院も行ってみるのもいいかもしれません。
でも、夏限定ならそこまで深刻に考えなくてもいいのでは…と思います。


高校生~20代の女性でBMI18.5以下または 体重が身長マイナス115㎏以下...

バストアップブラジャー高校生~20代の女性でBMI185以下または
体重が身長マイナス115㎏以下の方にお聞きします。
ブラのカップはどれくらいですか? (またはバストのサイズ)
中学生以下の方は、大きく成長するかもしれないので
恐れ入りますけど回答を控えて下さい。
ちなみに私はBMI18くらいでBカップです。


産後にダイエットしたら上手いこと胸は減らずI65で落ち着きましたね
まぁ授乳が終われば胸はもう少し落ちるでしょうけど
ちなみに妊娠する前はBMI20でH65でした
高校生の時はF65~G65前後を行ったり来たりしてました


しゅにーん! Dカップのおっぱいですが 下乳汗やばいです! Cカップの...

バストアップブラジャーしゅにーん! Dカップのおっぱいですが
下乳汗やばいです!
Cカップのときは楽だったのに


なぜワンサイズ大きくなる?
◆大学生のときはCだった!
◆拭いてあげるからおいで
◆やっぱり主任はかんじがエエわ。
◆かなり汗かいてるね拭いてあげようか?
◆そんなに汗かく?


アースキン・コールドウェル(アメリカ人作家)の作品を読んだ方、感想...

バストアップブラジャーアースキン・コールドウェル(アメリカ人作家)の作品を読んだ方、感想をお願いします。
長編「タバコ・ロード」と「神の小さな土地」では、
登場人物のひとりとして真面目な人が描かれてないの に、アメリカで900万部を売り、舞台化されたそうですが
「タバコ・ロード」は一家が貧し過ぎて、綿花を栽培する気力もなくなった所から出発し愉快でもありましたが、
「神の小さな土地」では、題名からまじめに耕作する貧農家族の話かと思ったら、
農業どころか無意味な金鉱探し、アルビノ(白い人)を見つけて大喜びしたり、兄弟姉妹でひどく低俗な喧嘩をしたり、馬鹿馬鹿しくなりやめました。
ところが、コールドウェルの短編集に胸打たれる作品がいくつかあり、青春小説の白眉(苺狩りの季節ほか)や、当時のアメリカディープサウスの黒人や貧乏白人に限りない同情の目を注いでいます。
「昇る朝日にひざまずけ」は、主人公が貧しい小作ゆえに雇い主に愛犬のからだの一部をを冗談で切断され、父親が空腹のあまり豚小屋に入り踏み殺されてもひたすら耐えた結果、かばってくれた恩人の黒人が射殺される場に加えられてしまうなど、人間の善悪をはっきりとらえた傑作でした。
この人の作品が日本でもっと評価されれば良いのにと思ってます。


コールドウェルといえば『タバコ・ロード』を読んだことがあるだけなのですが、ちょうどよい機会なのでこれをもう一度読み返しました。土日にも回答がつかなかったようですので、でしゃばるようですが回答させていただきます。以下、『タバコ・ロード』の感想です。
主人公ジーター・レスターの性質は、怠惰で、無責任、病的なまでに意志が弱い。さらには、人の痛みには鈍感で、弱者には刻薄ときています。地面にうつ伏した自分の母親の生死を確認するのに、母親の腕を足で蹴ったりなんかします。なんたる仕打ち。
これを外道と言わずして、
なにを外道と言いましょう(・o・)
ストーリーについても、どこか残酷ショー的な雰囲気があり、あまり趣味のいい話とは思えません。新品のフォードを二日でボロボロにしてしまうところなどは、読んでいて怒りすら込みあげ……いや、それよりも、その車で二人の人間を死に至らしめているのに、誰ひとり重大なこととは受け止めていないところなど、人命の軽さに衝撃を受けずにはいられません。
しかし、土地や耕作に対するこだわりについていうなら、主人公の思いには真剣な、あるいは純粋なものがあります。現実的な努力をなにひとつせず、理想を額縁に入れて飾っておくだけだとしても、彼の土地に対する思い自体は本物です。そして、その思いは、彼の愚行や動物的低劣とともに、物語の全編を貫いています。
一家が飢えに滅びそうな状態でありながらも、町の紡績工場で働くことを頑として拒みつづける理由を、ジーター・レスターは次のように説明します。
------------------------------------------------
好い気持でいるにゃあ、土地にくっついてるに限らあ。工場なんか、ありゃ人間のこしらえたもんだからな。土地は神様がお作りになったものだが、その神様が、うす汚え紡績工場なんかお作りになったのなんか、誰も見た者はねえよ……(杉本喬訳、岩波文庫 p39)
------------------------------------------------
客観的に見れば、この言い分は自己の責任放棄を合理化していると受け取られてもしかたありません。また、事ここに至って仕事の選り好みをしている場合でもなく、ジーターの不作為は大きな非難に値するでしょう。
しかし翻って、読者の農民への理解というものを考えてみると、先祖伝来の土地を耕して生きることへの執着というものは、私もそうですが、普通の読者には理解しがたいものであるばかりか、真剣に考えることさえ難しいことであるともいえます。真剣に考えるよりも、「病理」という言葉で片付けてしまうほうがよほど簡単だからです。その点について、婿のラヴ・ベンシーはジーターをよく理解しています。
-------------------------------------------------
「ジーターのやったことは正しいと思うぜ。」とラヴは強く主張した。「あの人あ、地面に物を作ることの好きな人だった。工場なんていうものは、そういう気持が骨の髄までしみこんでる人間の行くとこじゃねえ。工場なんていうものは、まあ自動車みたいなもので――そいつに乗って遊びまわったり、おもしろい思いをするにはいいが、土地とちがって、人間を可愛がる気持なんかてんでねえんだ」……(岩波文庫 p266)
-------------------------------------------------
ジーターの意志薄弱が個人的なものであるのに対し、彼の土地への執着心は、地域的な性質を帯びています。つまり彼の執着心は、人は聖書の教え通りに土地を耕して生きていくべきだ、という南部的な理念に由来するものです。この理念は南部の労働集約型の農業が近代的な農業へと移行してゆくなかで廃れていきますが、ジーターは時代の変化を頑なに拒み続けます。そして、自身の不幸の原因がなにかさえも最後まで分からず、神や土地への信頼もぐらついてゆきます。執着が地域的なものであるなら、失望もまた地域的なものです。「どうして不幸にならなければならないのか」というジーターの問い掛けは、変化を余儀なくされる南部人の問い掛けでもあったはずです。
意外なことに、ジーターの土地に対する理想は息子のデュードに受け継がれて、物語は幕を降ろします。綿花摘みが機械化されるのはまだ先のこととはいえ、南部の綿花はすでに世界市場での競争力を失っているため、デュードもまた辛酸をなめることが予想されます。だからデュードの決意を希望と呼ぶのはあまりにも楽天的な見方であるかもしれません。しかし、卑小な、浅ましい人間にもまた、土地を耕して生きる者の不撓不屈の精神が受け継がれてゆくことを、この物語は示しているようにも思われます。「南部は戦争に負けたが精神は負けていない」という別の作家の言葉が思い出されます。
俗受けのするストーリーのためか、あるいは岩波の解説の通り、読者の嗜虐性を満足させるストーリーのためか、この物語は広く人口に膾炙しました。筋書きは一見通俗的なものですが、そこから悲劇を形成する圧縮力(時代の変化と時代錯誤の執着心という相反する力)が生み出されています。そして筋書きの愚かしさと農民の悲劇の重々しさとのギャップから醸し出される味わいが、この作品を第一級の芸術に高めているように思えます。
(ちなみに主人公の怠惰さがどこから来ているのかは、ちょっとした謎です。というのも、主人公はプア・ホワイトですが、彼の祖父は少なくとも独立自営農民以上の地位だったからです。)
----------
コールドウェルの短編は、お恥ずかしいことにまだ読んだことがなく、内容は分かりませんが、これから世の中が少し変わり、人の心が少し変わったとき、新訳が出て人々の注目を浴びることがあるかもしれません。『昇る朝日にひざまずけ』は今度読んでみます。


-胸 理想
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.