天使のバストアップ

天使のバストアップ

胸 大きく 方法

イラストや絵の線画がうまく描けません。 塗りはまあまあ、ド下手とま

投稿日:

?胸の小さい女性のかたに質問です? あなたは、胸を今より大きくなり...

バストアップブラジャー?胸の小さい女性のかたに質問です?
あなたは、胸を今より大きくなりたいですか?
*よろしければ、回答者の年齢も教えてください。


そうですね。2ランクアップぐらいのサイズが、カッコ良くて羨ましいです(^_^;)
27歳です。
◆Dくらいあれば嬉しいかも?w
29
◆そりゃあもう・・でもちっぱいから私なんですよね~(*≧∀≦*)
二十歳です?
◆なりたいよぉ~
20歳
◆はい25
◆はい 18


なぜ大爆笑されたのでしょうか?パリ ブランドショップでの出来事につ...

バストアップブラジャーなぜ大爆笑されたのでしょうか?パリ ブランドショップでの出来事について。
2人の友人と旅行先のパリでバレンシアガに訪れた時の出来事です。
私は悩みに悩んだ末に、小さな財布の購入を 決めました。
接客してくれた若い男性の店員さんは非常に愛想が良い方で、私が悩んでいる間もずっとにこにこしたまま待ってくれていました。
2人の友人は購入しなかったのでお会計中ソファに座って貰っていたのですが、その際に、男性の店員さんが友人らに向かって、何か飲み物はいりますか?コーラ、水がありますよ。と声をかけてくれました。
友人は、じゃあコーラ2つと水を1つお願いしますと伝え、男性の店員さんは地下に飲み物を取りに。
その間に別の女性の店員さんが来てくれて、会計を進めはじめたのですが、地下からトレイに水とコーラを持った男性店員さんが現れたら女性店員さんは大爆笑。
男性店員さんもはにかみながら飲み物を注いでくれました。
わたしたちは女性店員さんがなぜ大爆笑しているのか分からず、「?!」となったのですが、文字通りお腹を抱えながら、笑いすぎて涙を流していました。わたしたちもつられて笑っていたのですが、フランス語が全く分からないため、彼らがなぜ爆笑していたのかがわかりませんでした。
普通は買った人だけが1つだけもらえるドリンクだったのか?
何も買っていない友人たちまでコーラを注文してしまったからなのか?
訳が分からず、これは特別待遇?とつたない英語で聞いてみたら、女性店員は「イェスイェス」と笑うのをこらえながら(でも笑ってしまっていました)答えてくれました。
なにか恥ずかしいことをしてしまったのかと思い、恥ずかしい!とジェスチャーで伝えるために手で顔を覆ってみたら、店員はさらに大爆笑。しばらく笑いが止まっていませんでした。
普段ハイブランドショップにもいかないため、何が彼女たちの爆笑を誘ってしまったのかが分からないのですが、お分かりになる方はいらっしゃいますでしょうか?
ちなみに蔑んだ馬鹿にするような笑いではなく、単純に大笑いしている感じでした(笑)


想像で適当な回答をしている人がいますね。
パリの高級店ではドリンクサービスは普通です。
バレンシアガは行ったことありませんが、ヴィトンやエルメスではほぼ毎回ドリンクサービスしてくれます。
自分自身は買物する気はなく同行者が品物を選んでいる時に、店員さんと会話しながら待って飲物サービスを受けることもあります。
今までの経験からですが、飲物をサービスする時にはグラスに飲物を注いだ状態で運んできます。
お客の目の前でグラスに注ぐという経験はありません。
もしかしたらそこが笑いのツボだったのかもしれませんが、定かではありません。
今回のことは気にしなくても良いと思います。
もし次回に飲物を聞かれたら、自分の分を一つだけ頼むことをおすすめします。
◆その場にいないので笑いの理由はわかりませんが、
とりあえず言えることは
ドリンクサービスは当たり前です,
行ったことない人たちがドリンクサービスなんかないとかなんやら言ってますが、私が責任を持って言えます。あります。
◆単純に、ドリンクを持ってくる男性店員に「アンタ、何でわざわざボトルごと持ってきているのよ、注いだグラスだけ持って来ればいいのよ」と女性店員がツッコミたかっただけだと思います。
◆う?ん、どうでしょうね。
その場にいないので推測の範囲での回答ですが、質問者さんの担当の男性は優しい方なのかマニュアル通りに動く方なのか、飲み物を勧めましたが、普通は金額が少ない客や買い物もしない客には飲み物は出さないと思います。
他の女性スタッフの感覚では、そんなことしなくていいのよ、彼らは観光客で顧客ではないのだからそんなサービスしなくてもいいのよ、くらいの感覚なのでは?
私が今までの経験では、買い物をしなくてもそのブランドのスタッフとそのブランドについていろいろ話をしたり、これから先付き合いを持つという意味で顧客カードを書くときは、そのようなサービスを受けますが、買い物をしても、店内の雰囲気がざわざわしていたらサービスなしの場合もあります。
サービスを受けたくて買い物をするわけではありませんので、気にしたことはないですが、
質問者さんの書いている内容を読んで感じたのは、お店側からのサービスの提案なので、受けて間違いではないと思いますが、買い物をしていない友達は遠慮するのがエレガントな振る舞いだったと思います。
スタッフ同士の感覚の違いで、ツッコミがはいった、という感じがします。
◆行ったこともない人が適当なことを行ってますが、ちゃんと買う気がある人なら、奥に在庫を取りに行っている間や会計中に飲み物をくれたりするのは普通です。もちろん団体客みたいな人には出ませんけど。
ただしカフェで寛ぐわけではないので、水とコーラ両方くれ、とかは図々しすぎます。あくまで会計待つくらいの時間飲んでて、って話です。こういう時こそ日本人得意の空気を読むべきだったとは思います。
まあどちらかというと内輪受けだと思いますよ。知らなければやっちまうことがあるのは当たり前のことで、ガイドブックで調べたって飲み物のもらい方まで書いてあるわけではないですから、知らないことは別に悪いことではありません。誰だって恥かきながら大人になります!
◆いや、それって完全に蔑んだ笑いだと思うんですけど。
前の方が言われているようにそもそも高級ブランド店でドリンクサービスなんてありえない、仮にあったとしてもそんなサービス受けられるのはその店の常連上客くらいなものでしょう。
その時点でもう完全にバカにしてますよね?
それなのにあなたの友人達はそれに乗って人数分の飲み物をオーダーしてソファでふんぞり返っていた。
しかもあなたが買った物はさんざん迷った挙げ句に小さな財布一つ。
向こうからして見れば「マジかよ!?」ってとこでしょう。
なんかフランス人お得意の皮肉を込めたブラックジョークで完全に馬鹿にされたよう感じます。


イラストや絵の線画がうまく描けません。 塗りはまあまあ、ド下手とま...

バストアップブラジャーイラストや絵の線画がうまく描けません。 塗りはまあまあ、ド下手とまではいかない程度にできると思います。
でも塗る能力に対して線画の能力が著しく低いと感じます。
画像の左が線画で、右が塗り絵です。
こんな感じなので、全然オリジナルの絵を描けません。
線画はどうやったら上達しますか?

線画,クロッキー,塗り絵,デッサン,能力,シルエット,円柱

私は、絵の能力は大きく分けて以下の3つになると考えます。
・輪郭(クロッキー)
・陰影(デッサン)
・色彩(配色)
この3つは、それぞれが違う能力であり、しかしすべて絵を描く際に必要になる感覚と言えます。つまり、これらを意識して伸ばす(練習する)ことで、総合的な絵のレベルがぐーんとUPすると言えます。
① 輪郭
まず、「輪郭」です。これは絵の種類で言うと、クロッキー、スケッチ、線画という類のものです。また、要素として「パース(遠近図法)」も含みます。これは名前の通り、モノの輪郭(アウトライン)に関する能力で、言わばシルエットです。影は黒いですよね?分かるのはシルエット(形)だけで、他の情報(立体感や色)は分からないものです。しかし、カッコいい絵、上手な絵というものは、このシルエットだけでも上手に見えるのです。逆に言えば、シルエットが上手ければ、絵の見栄えはかなり良くなります。
これを練習するには、クロッキーしかありません。ただし練習の過程で気を付けるべきことが幾つかあります。1つは、「パース」を意識すること。とはいえ、そこまで難しく考える必要はありません。まずは、消失点がどこにあるのかを考えながら線画を描く程度で良いでしょう。それだけでもかなり違います。また、カッコいいシルエットとは何か?を考えながら描くこと。これは絵の上手な人(プロのアニメーターさんはこの能力に長けています)を参考にするのも全然アリです。
② 陰影
よく、絵を始める人に「とにかくデッサンだ!」と言う人がいますが、これは間違いだと私は思います。もちろん、絵を構成する大事な要素の1つではありますが、これだけで絵が上達するわけではないですし、そもそも絵はデッサンがすべてではありませんから。
では、デッサンは何に必要か?と言うと、それは「立体感」です。ちなみに、立体感は上記の「パース」でも表わすことが出来ますので、ある意味クロッキーとデッサンは地続きと考えることも出来ます。しかし決定的に違うのが、「クロッキーは陰影を描かない」、そして「デッサンは輪郭を描かない」ということです。
クロッキーが輪郭(アウトライン)だけでモノを描写する技術なら、デッサンはモノの陰影(シャドウ)だけで描写する技術です。だから、クロッキーに使う鉛筆は線を描きやすいように尖らせますし、デッサン用の鉛筆は寝かせて使うので芯を長めに出すんですね。
さて、このデッサンですが、実は一番簡単かも知れません。なぜなら、クロッキーには「カッコいいシルエット」というセンスが、色彩には「美しい配色」というセンスが若干必要になってきますが(センス=感覚を養うのが一番難しい)、デッサンは基本さえ理解出来れば、あとはそれに従うだけだからです。練習には、よく美術の授業などでもやりますが、「球体」や「円錐」などに陰影をつける作業、これを慣れるまで繰り返しましょう。この時、気を付けるべきは、球体や円錐の「形」にはこだわらない、ということです(形はクロッキーの範疇なので)。ただし、明るい部分、暗い部分、床からの反射や、その物体の質感などに最大限気を払い、よくよく考えながら描くことです。
③ 色彩
さて、一番厄介なのがコイツです。なんでかと言うと、実は「色」というものは非常に不安定なものだからです。見る人の「目」によっても少しずつ見え方が違う、見る場所の「明かり」によっても見え方が違う、色の範囲や大きさによっても見え方が違う。そもそも、「色」とは何なのか?という話です。恐ろしい。近年では、パソコンを使ったデジタルイラストなんてものもたくさんありますが、これまたモニターの種類や設定によって、見える色は全然違って来るものです。恐ろしい。
だから、プロでも一番難儀するのがこの「色」です。
もう、センスと技術、たくさんのことが必要になります。が、いきなり色のすべてを熟知したぜ、俺は色彩マスターだ!なんて方法は無いので、まずは基本をしっかり勉強しておけば、それで良いと思います。幸い質問主さんは塗りが得意とのことなので安心ですね。
もっとも基本的なことは、やはり「配色」でしょうか。
寒色/暖色、明度と色彩、パステルやグレイッシュなど。
使う色の種類や対比によって、絵全体で「表現する」手段です。
あとは、水彩画でしょうか。水彩画が上手だからと言って、デジタル絵の彩色まで上手になるわけではありませんが(逆もまた然り)、しかし片方で培った技術やセンスはもう片方でも活きるはずです。とにかく、こればかりは経験を重ねて、自分の中で答えを出していくしかありません。
--------------------
ちなみに最後になりますが、人体について。
質問主さんの描いた絵、難しいポーズに挑戦されているのが分かります。よくポーズが上手に描けないからと言って、胸から上だけの絵を描く方がいますが(私もよくやりました)、こうしてチャレンジするのはとても良いと思います。
人体は非常に複雑な形状をしていますが、これもあまり難しく考えないことがコツと言えます。よく絵の本で言われている、「円柱や箱だと思おう!」ってやつです。まずは全身のバランスが大切ですから、円柱や箱を組み合わせて、カッコいいポーズを描けるようになると良いです。
私も心のどこかで「そんな面倒なことしないで、いきなり上手に描きたい」と考えてた時期がありました。スタイリッシュに、サササーっと難しいポーズや手を描いて魅せたい!と思ってました。それで悪あがきして、かなり遠回りした結論ですが、やはり円柱と箱で考えるのが一番良いです(笑
円柱や箱で人体を考えるようになった途端、描けなかったものが描けるようになるんです。逆に、それでも描けないゾ?という場合は、まだ基本の円柱や箱への理解が足りないのかも知れません。
では、良きお絵かきライフを。
◆たくさん描く事でしょうか。
特に人体は、筋肉や骨格の構造を知って描くと、立体感が変わってきます。今 見えている絵では、スネとふくらはぎの関係とか、足首から甲に向けてのラインとか…。
色塗りも、緑は緑色だけでなく、補色やニュアンス色を加えると、より説得力や立体感のある感じが表現できるかと思います。
輪郭線1本で立体感を出すのって難しいですよね。


-胸 大きく 方法
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.