天使のバストアップ

天使のバストアップ

プロテイン

現在維持している海水魚水槽でスターポリプの飼育が成功した事があり

投稿日:

私は19歳のHカップの一般女性です。 私の周りの胸のサイズがそれぞれ...

バストアップブラジャー私は19歳のHカップの一般女性です。 私の周りの胸のサイズがそれぞれなので、私だけ目立つ時があります。
当たり前ですよね?
私の自己紹介です
19歳
身長163cm
スリーサイズ
バスト 96センチ
ウエスト61センチ
ヒップ95センチ
顔は葉○瀬マイにそっくりと良く言
われます。


ウエストが細いから、余計に巨乳が目立つね。
もしかして、高校のときに運動部だったんじゃないの?
◆実は水泳部でした
◆そりゃ目立ちますね
巨乳、爆乳ってだけで男の視線は釘付けになりますよ
◆何が、言いたいんですか?
◆モデルかなにかしてるんですか?
◆それだけ豊かな胸であれば目立ちますよね(*´?`*)
しかたない!
◆葉○瀬マイ似であれば胸だけでなく顔も目立つと思います
目立って仕方ないでしょうね


韓国で美容整形したいんですが、ツアーとかあるんでしょうか? 旅行代...

バストアップブラジャー韓国で美容整形したいんですが、ツアーとかあるんでしょうか?
旅行代理店でパンフみたんですが、美容整形ツアーなんてないみたいだし、、
まったく、知識もなくひとりで美容整形しに行くの は不安しかないので、ガイドがほしいし、ぼったくりも怖いです。


失敗しないクリニック相談所
ちょこみんとより、以下、回答です
韓国やタイは物価が安いので、日本より安く整形手術が受けられるというツアーなどが組まれている事もありますが、私は基本的には外国での手術はお薦めしておりません。
理由としましては、
・症例写真が加工されている事が多く、正確な症例かどうかの見分けがつきづらい
・韓国等では神経ギリギリの所を削ってしまい、(例えば海綿体が露出するほど)将来的に骨にひびが入るなどのトラブルが生じる。そのため大成功か大失敗に分類される。
・海外での美容整形では万が一トラブルが起こっても日本で修正出来ないケースがある
(術式が根本的に違うため断られてしまう)
・世界中の富裕層がわざわざ日本へ来て美容整形をしている現状などを考えても、明らかに日本の技術が高いという事が言える点
・日本人が韓国やタイで整形手術を受けて上手くいかなかった人の割合が、日本人が日本で整形手術を受けて上手くいかなかった人の割合よりはるかに高い点
・そもそも骨格が違う事がドクターにとって不利
・外国ではアフターケアが出来ない
・言語の問題でデザイン上の失敗がとても多い
などといった理由です。
おっしゃっている事は、一理あると思います。
近年韓国で美容整形を行う方が増えておりますのは、変化率の問題点です。
日本ではあまり変化をしないのではないかという点を心配されている方や値段を1円でも安くしたいという方は、韓国かタイの美容整形をされています。
私も、それ自体は別にかまわないと考えてはいるのですが、
現状問題なのは、海外の美容整形で「万が一」が起こった際だと思っています。
修正が効かなくなります。
そして失敗して再建できない症例は、泣き寝入りとなってしまうため、裁判も起こせない例、何処にもクレームを出せない例が多すぎます。
リスクが多すぎるのです。
ただ、これ以上は、各人の自己責任になってくるかとは思っています。
プロフィールで書いている通り、整形は病院選びで失敗される方が多いため、
名医の条件を確認してから医師選びをしなければなりません。
◆韓国ではモグリの医者も居ます。
多くの日本人が連れて行かれるのはモグリです。
◆日本で整形する方が安全ですよ。
韓国の場合は、失敗する整形手術が年々増加しています。
中国人の富裕層は日本で整形をしています。
ソース
s://wwwrecordchinacojp/newsinfophp?id=227642


現在維持している海水魚水槽でスターポリプの飼育が成功した事があり...

バストアップブラジャー現在維持している海水魚水槽でスターポリプの飼育が成功した事がありません。
東日本大震災以前まで60of水槽で海水魚水槽を維持していましたが震災で全滅させてしまい設備を縮小して現在4年目 になります、以前の水槽ではスターポリプを難しいと思った事は無く増えすぎて困るほどでしたが現在の水槽では失敗続きです。
原因が分からなく先輩方の知恵をお借りしたいと思い質問せて頂きます。
①設備
60x30x40水槽
テトラ外部フィルター vx90
海道河童 大
ヨウ素殺菌プロテインスキマー
ゼンスイzc100
CoralBOX システムLED 59w
エーハイムLED BBB 7w x2
ハイドールのフローをフィルターの排水口
コントローラ付きサーキュレーター x1
②生体
カクレクマノミ x2
フタイロカエルウオ
カンギクガイ x5
ヤドカリ x2
マガキガイ x2
マメスナギンチャク
カワラフサトサカ
チガイウミアザミ
ツツウミズタ
トランペットコーラル
オオタバサンゴ
キッカイソギンチャク
③水質、管理
比重は屈折式塩分濃度計で比重1023?1025
に合わせています、水温は25度設定です。
簡易PHメーター、テトラ5in1で気が向いた時に水質調査。PHが8を切る時はライブシーペーハーアルカリを規定量の1/4程を数日に分けて添加。PHメーターは市販の校正液で二ヶ月に一度校正しています。塩分濃度計もスーパーのRO水にてたまに校正しています。
毎週日曜日にインスタントオーシャン、水道水にて15?換水、2週間置き火曜日に硝酸塩とカルシウム濃度をレッドシー試薬にて計測行い必要に応じてブライトウェルリキッドリーフを規定量の半分程を2日置きに添加。稀に硝酸塩が10ppmを超える時は更に2日間5?を連続換水後に硝酸塩を計測。カミハタ海養水を週に一度規定量添加。ブライトウェルアイオディオンを規定量の1/2程を週に1回添加。
リン酸、ケイ酸対策に吸着材キャプティブフォスを規定量3ヶ月に一度交換。
添加剤を規定量より少なく数日に分けて添加しているのは一度カクレクマノミが白点病にかかり連続換水とアイオディオンの添加で自然治癒をさせようとした時にサンゴの開きが悪くなりヨウ素の検査試薬を購入して測ったところ過剰添加だった事を反省し今の添加方法に落ち着きました。
他に持っている試薬はMg、KH、PO4、PHでたまに気になった時に計測します。
添加剤はパープルアップ、ブライトウェルリプレニッシュ、レッドシーリーフファンデーションCですがほとんど使いません。
サンゴに餌は与えてませんが、マメスナギンチャク、カワラフサトサカは2年半程飼育、トランペットコーラル、オオタバサンゴなどのLPSも2年程飼育でどんどん大きくなってます、飼育が比較的難しいと言われてるツツウミヅタやウミアザミも元気でウミアザミは爆発的に増えています。
そんな中スターポリプが全て失敗してしまいます、最初はよく開いて次第にポツポツ開く量が減りだんだん溶けてなくなって行くといった感じです、水流や光の位置を考えて再度チャレンジしてみても同じ状況で溶けてしまいます。キッカイソギンチャクは全く動かずしっかりと定着しているので触れる事はありませんし、小さな巻貝が現れた時は水槽から取り出しています。サンゴを水槽に入れる時は水合わせと同時にリバイブにて薬浴を行なってからの投入しています。
今回4度目になりますがまた同じ状況になってしまいました。
的確な回答が頂ければと長文になりましたが考えられる原因をご教授下さい、よろしくお願いします。
画像はライトのタイマーです、深夜から朝方まで仕事をしているので観賞時間や管理面を考えて実際の昼11時を朝6時、20時から日が落ちて行くような設定にしています。

ブライトウェル,キッカイソギンチャク,カワラフサトサカ,マメスナギンチャク,硝酸塩,スタポ,スターポリプ

記載がありませんが、トランペットコーラルの触手が絶対に届かない所に配置していますか?
ナガレハナ属のサンゴに対して非常に弱いサンゴです。
消灯時等に二条に長い触手を伸ばすので、絶対に当たらない場所に配置しましょう。
(増殖しだしてからなら死ぬまでは行きませんが、それでも開かなくなります)
ウミアザミとはライバル関係なので、増殖しだすまでは隣接させない方が良い。
後は、強めの光と水流を沢山当てれば増殖します。
(苔が生えるような水流の当て方は×)
因みにヨウ素添加は水替えしているならば全く必要なく、良い影響は一切ないので止めた方が良いです。
下記アドレスで最近返答しているので参考に
s://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q141927437
更にサンゴの水合わせもほぼ不必要。
やるなら簡単な温度合わせと大雑把な水合わせで十分です。
懸念材料はやはり狭い水槽に天敵のナガレハナ系最大のトラペットがいてキッカイソギンチャクもおり、ライバルのウミアザミ系が爆殖しているという事ですね。
触れなくてもプレッシャー(粘液やスイーパー触手)があるので定着する前に萎えている可能性が高いように思います。
◆他にもおられるようなので追記です。
環境が起因していないなら個体の導入時の生命力に起因しているかもしれません。
輸送ストレス等で、一部にダメージを受けると全体に生きる意志が薄れる場合もあります。
幸い、導入時開くとの事なので、その時にクマノミのエサでも良いので1日1回砕いてスポイトでふり掛けてあげると、意外とすんなり開き続ける可能性もあります。
スターポリプは繁殖性も強い分、栄養要求量もかなりの物です。
栄養塩は定着前の栄養源にはなりません。
やはりたんぱく質や脂質等、実質的な栄養が求められる場合も多々あります。
勿論たんぱく質系のサンゴフードが一番良いでしょうが、クマノミのエサでもそれらは十分補えます。
色んな事が絡み合って導入初期に栄養不足に陥っているのかもしれません。
開かないや苔が覆うと言う場合は絶対にお勧めできませんが、今回の場合は上手く行くような気がします。
◆スターポリプは流れを当ててあげるとよく開き増えて行く感じがします。
元々強いサンゴなので余り水質とか考えた事ありませんね。
スタポ増えると良いですね。
◆我が家はべっぴん珊瑚でミドリイシと一緒にもスターポリプも飼育しています。
スターポリプは成長し過ぎて困っている状態ですが、気になるところを記載しておきます。
リバイブは使用しない。
本製品を使用した事はありませんが、調べてみると成分が松油でSPS用なので使わない方が宜しいかと。
そのままドボンでも良いと思いますが、我が家の場合は害虫防止の為、オキシドール浴してから投入しています。
毎週換水しているなら添加剤は不要です。
試薬で測定して不足な成分を添加剤で補えば良いです。
又は不足している成分があるなら添加剤を止めて換水量を増やした方が良いです。
後、スターポリプは比較的強い水流・明るい照明が必要なので・置き場所を照明に近づけたり水流強化くらいでしょうか。
◆びっくりしました!我が家も同じ状況です。
あれ、結構ショックですよねぇ。
うちの場合は外部ろ過からオーバーフローへ変更(水槽と濾過層)した途端にスタポが溶け出しました。
それ以降はなぜかスタポだけが育たず、つい先日も3回目のチャレンジあえなく失敗しました。
前置きが長くすいません。
我が家の場合、水槽又は濾過槽の素材自体を疑っています。
想像ですが、シーリング材とかアクリル自体にスタポが苦手な成分が含まれており、ゆっくり海水に溶け出しているのでは…と。
なぜなら以前の水槽から今の水槽と濾過槽に変えた以外は何一つシステムを変更していないので。。
近々水槽と濾過槽を一新する予定なので、落ち着いたら4度目のチャレンジを考えています。
ちなみに、海キノコも同じような状況ではないですか?


-プロテイン
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.