天使のバストアップ

天使のバストアップ

胸 形

LGBТ発言の杉田国会議員、私は同性愛の否定は全くしませんがそのため

投稿日:

社会保険の扶養についての質問です。 現在子供は独立して夫婦二人で生...

バストアップブラジャー社会保険の扶養についての質問です。
現在子供は独立して夫婦二人で生活しています。
夫の給与収入は一度定年退職して再雇用ということで税込み年収で180万ほどです。 会社で社会保険(協会けんぽ)に加入しています。
今まで私はパート収入で年間85万円ほどでしたので 年金も健康保険も夫の扶養として自分では払っていませんでした。が
先月私が転職をして税込み年収で125万ほどになります。
社会保険の扶養資格には年収130万未満でなおかつ被保険者の年収の1/2未満という項目があります。ただし「被保険者の年収の2分の1以上であったとしても、総合的に被保険者の収入によって生計を維持されていると認められる場合には、扶養家族として認定される場合もある。」
とありました。これはどうすれば認められるということなのでしょうか?
ちなみに現在の私の職場は30人ほどの事業所ですので、私自身(週24H勤務)が会社の社会保険の対象者にはなりません。


被扶養者は被保険者の2分の1以下でないといけませんが、
それは何の収入の部分か書いていませんね。
だから完全な自己申告の世界です。
あなたが法律通りでないといけないと思えば被扶養者を
抜けて国民健康保険でも入ればいいだけです。
大多数の人はそんなことはしてません。
気にかけてもいないでしょう
けんぽ協会の調査なんておそらく過去似ないと思います
◆ケースバイケースとしか言いようがありません。
「何か特別の事情がある場合」とでも言いましょうか。
例をあげれば~、
妻が障害者である。
その妻が、アパートを所有していて、家賃収入がある。
その家賃収入が、夫の収入の2分の1以上を少し超過する。
妻は、働けないため、実質は夫に扶養されている。
*貴殿の場合は、単なる共働きですので、扶養認定されるのは、難しいと思われます。
しかし、ダメもとで一応申請して、ダメだったら、ご自分で国保と国民年金に加入することになります。


<女性に質問> 初体験をした後で「キミの処女が欲しかった。」と言わ...

バストアップブラジャー<女性に質問>
初体験をした後で「キミの処女が欲しかった。」と言われたことはありますか?
また、そう言われた時の気持ちも教えてください。


「キミの処女が欲しかった。」とは言われませんでしたけど、
「バージンをくれてありがとう」って言われました。
「貴男で良かった?」って言ったら、またすぐ大きくして、
もう一回いい?って聞いて来ましたけど、痛かったので断りました。
◆言われませんでした。
「初めてをくれてありがとう?」って言われました。
涙 が溢れ出て、、、
「嬉しい?」って応えたよ。
◆ないわねぇ。
当たり前のように抱かれたから。
彼氏も、そういう言葉のひとつも、たまには言ってほしいわ。


中2の女子です。ハンドボールやってます! ステップシュートとジャン...

バストアップブラジャー中2の女子です。ハンドボールやってます! ステップシュートとジャンプシュートが入りません。
1、ステップシュートの狙いめってどこですか?DFの間が無くて、どこから打てばいいのか分かりません。また、その間を作る方法ってありますか?
2、ジャンプシュートで、キーパーの下に打つポイントやコツってありますか?
返答よろしくお願いしますm(_ _)m


1 ステップシュートについて
ステップシュートは,相手がまだ準備をしていないときに打つシュートです。ジャンプシュートは打つときが分かるので,DFやGKも準備をして身構えたり当たってきたりします。一方で,ステップシュートは,相手にとってはいつの間にかに打たれてしまったというシュートになります。
よって,間がないと言うことは,ボールをもらう位置や,走る位置が悪いと言うことになります。ハンドボールではボールがないときの動きが大事です。自分がパスを出したら,バックステップで位置を大きく変えます。DFはボールをどうしても見てしまうので,バックステップを大きく取って走り込む位置を変えて,相手の間を狙います。基本的にボールがある方にDFは寄るので,ボールがないときは空いているスペースを見つけやすくなります。
そして,パスが来る前にしっかり後ろから走り込んでパスをもらいます。スピードに乗ってパスをもらえば,1歩目や2歩目で,まだDFが当たりに来る前にステップシュートを打つことが可能になります。ジャンプする前に打ってしまうのがステップシュートです。
場合によっては,DFや味方ポストのブラインドからステップシュートを打つことも効果的になります。その場合は,サイドスローのシュートも効果的になりますが,手が小さい女子だとしっかりボールを握れずに,難しいシュートになってしまうこともあります。よって,まずは,DFの間から,DFもGKも構える前に強い下へのシュートを打てるようになるよう練習しましょう。その為にも,バックステップから動きだしという,ボールをもらう前の予備動作がとても大事になります。
2.ジャンプシュートについて
ジャンプシュートを下に打つためには,打点を高くする必要があります。自分のバネを活用して高く跳び,その頂点でボールをリリースします。また,DFとの距離が近いと腕を振り切れないため,下へ打つことが難しくなります。DFとの距離を保つためには,前に跳ぶばかりで無く,上に跳ぶことが大事になります。(中学生レベルだと,上に跳ぶだけでは強いシュートが打てない場合もあります。大事なのは,個人の力量とのバランスです。)
高く跳ぶためには,ステップシュートの時と同じで,ボールをもらうために後ろから走り込んで助走の力を使う必要があります。つまり,バックステップで,走るスペースを自ら作ることが大事です。男子だと,パス回しの中で,パスを出したら,センターライン付近までバックステップ位置を変えるぐらいの大きな動きが必要になります。中学生女子ならばそこまでは必要ないでしょうが,シュートを決めたいならば,そのぐらいの意識を持つことが大事になります。
尚,最後に強いシュートを打つためには,リストを活用する必要があります。ボールをしっかり握る握力も大事ですし,リリースポイントでリストを下に振る力も大事です。この辺は,普段のトレーニングでも鍛えることができます。
センタープレーヤーは,攻撃の司令塔となります。ステップシュートが決まるようになると,相手DFとの距離は,中央に集まってくるため,シュートフェイントやパスフェイントから味方へのパスが有効になって,左右のスペースを活用しやすくなります。また,ジャンプシュート(ミドルシュート)が決まれば,前に当たってくるようになるため,ポストパスが有効になり,より得点率が高まります。
DFを抜いてのカットインシュートが得意ならば,スピードはあると思います。ならば,そのスピードを活かすためにも,ボールをもらうまでの動きを意識すると良いと思います。楽をしてボールをもらうのではなく,しっかりバックステップをとって,後ろから走り込んでパスを受けられるようになると,ステップシュートやジャンプシュートがより効果的になると思われます。


LGBТ発言の杉田国会議員、私は同性愛の否定は全くしませんがそのため...

バストアップブラジャーLGBТ発言の杉田国会議員、私は同性愛の否定は全くしませんがそのための支援はどうかと思うのです。まして税金などを使った支援など考えられません。 この杉田発言の中にはほかにも待機児童の事も言われていますが、待機児童の被害意識は子供ではなく親の感覚で語られているのが本音、本来子供は5歳くらいまでは親の元で育てるべきものだと思うのです。
乳飲み子を託児所に預けることほど子供の将来を暗くすることはないと思います。せめて3歳~から5歳くらいまでは親の元で育てるべき。人間は3歳~5歳で人格の形成が終わるとも言います。将来優しく正しい性格の人間を育てるにはこれが一番です。政府はこの5歳くらいまでの期間、親の収入の保証をする方が得策かとも思います。杉田議員の発言には優しさがありません。もう少し建設的な発言が欲しかったのが残念。私は世間で同性愛者が差別されている感じは全くありません。この杉田発言、親分の総理大臣にぶつけてみたらどうですか。そして杉田議員の今後はどうなるのでしょうか。教えて


まず杉田議員の今後の処遇について。
杉田議員はもともと西宮市役所勤務→維新系の政治家という経歴をもっていましたが、その活動が安倍首相に大変気に入られ、中国ブロックにおいて比例名簿トップで当選しています。杉田議員のこういった発言は当時からのものですから、そういう点も含めて安倍さんに抜擢されたということです。
このことからもわかるように、彼女の発言や主張は自民党では何ら特異なものではないだけでなく、むしろ党の方針として真っ当であるとすらいえるでしょう。「生産性がない」発言で炎上したのち、杉田議員はツイッター上で、「大臣クラスの先輩議員から『君は間違ったこと言っていない』と言っていただいた」「党の方針も踏まえた発言だと理解している」などと庇ってもらった旨をつぶやいています。また二階幹事長も「人生観の一つ」だとして杉田議員の発言を党として問題視しない事を後に表明しています。
以上のことから私は、杉田議員が自民党から何らかの処分を受けることはないと予想します。
次にLGBTに関する発言について。
一人のゲイとして考えても、LGBTに対しての保護政策、優遇政策というのは私も必要ないと思います。セクシャルマイノリティ―であることを理由とした補助金や税金の控除は全くもって不要ですし、実際行われてもいません。これは当事者が望んでいることでもありません。むしろ同性愛者に関しては、子供がいない分、経済的、社会的に安定したステータスの人が多いとすらいえますので、自活が難しい障碍者の方や母子家庭とは根本的にことなります。
しかし、です。問題とされている杉田議員の発言、及び雑誌への寄稿文はこれとはニュアンスが異なります。彼女が「優遇政策」と言っているのは上記のような「プラスα」ではありません。プラスどころか、むしろ「マイナスをゼロに補正すること」を指して、「生産性がないので不必要」と主張しているわけです。
彼女が批判しているものの具体例として、「同性パートナーシップ条例」があげられます。これは一部自治体が実施しているもので、自治体が同性カップルに対して事実婚状態であることを証明する証書を発行できる仕組みです。これは、同性間での婚姻が認められていない現行の法律下で、性別による不平等をなくすために地方自治体ができる、最大限のことです。この条例は性的指向による不平等(マイナス)をなくす(ゼロにする)ためのものであって、間違っても行政が同性愛者にだけの特権(プラスα)を与えようというものではありません。
他にも杉田議員は、学校教育の場においてLGBTの知識を教えることに反対であるとも言っています(同じく「優遇政策」であるとして)。この発言をした際に彼女は、「LGBTの子供は自殺率が6倍である」ということに触れたうえで、笑いながら「それでも、同性愛が胸をはっていいことだと教えることには反対である」と述べています。すなわち杉田議員は、LGBTについての教育が、ゲイやレズビアンの生徒を取り巻く状況を改善することに有効であると認めながらも、それが不必要なことだと言っているわけです。セクシャルマイノリティの割合は7%以上にものぼるとされ、また彼女自身が言ったように、そのことを苦として自殺する子供が多い中、その状況を改めようとすることは「優遇政策」であり、「特権」であると断じてしまっているのです。
他にも様々なツッコミどころがあって、つついていけばキリがないのですが、そもそもLGBTについて誤認識が見受けられるなど、彼女の主張はとても意見と呼べた代物ではないと思います。
一国の国会議員ですらこのレベルです。ネット上には、彼女の発言を全面的に支持する声も少なくありません。「生産性がない」という表現ですら的確であると論じる者までいます。「生産性」という言い方を抜きにしても、「子供がいない人間には税金を掛けるべきではない」というロジックに気付いている人間が果たしてどれだけいるのか。ましてや、杉田議員の発言が趣旨としてどうおかしいのか、そこまでを理解できている人はほとんどいないでしょう。
結局のところ、LGBTには生産性がなく、生産性がない人間に税金を使うべきではないと考える議員が支持されている時点で、この国には差別が存在します。そして差別があるということ、自分が気付かずに差別をしているということにすら気づいていない。「日本は同性愛に寛容だ」と言われる所以はそこにあります。寛容なのではなく、正確にいえば「なきものにしている」に過ぎません。
当事者以外にはピンときにくいでしょうが、日常生活で異性愛を前提としたものは数えきれないくらいあります。ホモネタ、友人との恋愛話、ドラマや小説の内容、将来についての話……。自ら打ち明けない限り異性愛者とみなされるわけですから、クローゼットの同性愛者からすれば、その一つ一つが息苦しく、日常が耐えられない重荷になります。かといって今さら打ち明けることもできず、結局は自分を偽り続けます。
そこに集団主義という日本の閉鎖的な環境が、周囲と違った個性を表出させにくい状況をつくりだし、それゆえ少数者の存在がなきものにします。人々は少数者の存在を意識することなく、少数者はますます公言しづらくなる。この悪循環の結果が、現代日本の現状です。
もちろん「なきものにする」こと自体は差別とは言いません。しかし結果として、偏見や間違った認識が増長され、それらが当事者だと認識すらされていない少数者に対して悪意なく投げつけられます。言った当人には、当事者を傷つけることを言ったという自覚はありません。かくして多くの人が、自覚のない差別をしながらも、差別はないと思い込んでいます。
この、おそらく日本に特有の差別は、表だって問題になる差別よりもタチがわるいといえるでしょう。何せ自覚がないのですから。大家が同性カップルの入居を拒否したり、オープンの同性愛者が学校でイジメにあったりと、そういったある意味「わかりやすい」差別は問題になりやすく、糾弾されることも多いものです。しかし、自覚なき差別は人々の心理の中に巣くうもので、それは表だって問題になる差別の根っこでありながらも、気付かれずに看過されることがほとんどです。
差別はない、という方に対して、入居拒否やイジメ、勘当などといった例を挙げるのは簡単です。なにしろそれは「わかりやすい」ものですから。しかし表層だけを刈り取っても、根っこの部分を自覚しない限りは差別はなくならないと私は考えています。もともと差別とは、「した」側が自覚しにくいもので、「された」側の指摘によって初めて気づきうるものです。ですので、長くはなりましたが、このような形で「差別は存在する」ということを述べさせていただきました。
以上が、杉田議員の発言に関する私の意見と、「差別はないように感じる」と仰るあなたへのメッセージでした。
さて、三点目。待機児童と保育園について。
実はこれは数々の統計が示していることなのですが、幼少期に保育園に預けられた子供と、そうでない子供との間には目立った差はありません。しいて言うなら、社会性の獲得の時期などが多少変わるようです。
しかし問題はここではありません。現状、共働きでないととてもやっていけない家庭が多いです。核家族化で、かつてのように祖父母が全面的に協力することも難しくなっています。育休、産休などは形ばかりが整えられ、実際に取得するには面倒がともないます(特に人間関係)。将来にわたって安定的な収入を得ようと思えば、出産前の職場に復帰せざるを得ず、否が応でも保育園に預けざるをえません。
実際、まだ乳離れもしていない子供を保育園に預けるのには、親として抵抗があります。できれば誰だって仕事よりも子育てを優先したいだろうし、まして生まれてしばらくの我が子を保育園という「機関」に預けるのはできれば避けたいという人が多いです。
根本的な解決は、親が子育てに専念できるように労働環境を整え、若者世代に十分な収入がいきわたるように雇用形態を改善することです。
ですが現実的な話、数々の政策をもってしても改善しない労働環境に望みをかけるメリットはなく、むしろ保育所の整備を急いだ方が効果があります(むろん、根本の解決を図った上で、ですよ)。保育士の待遇を改善し、保育園を拡充した方が手っ取り早いのです。
根本的解決が進展しない状況で、保育所の改善というサブの処置をも否定しまうのでは、とうてい問題の解消には至らないでしょうし、少子化はますます進むと考えます。
長くなりましたが、私としての回答は以上になります。


-胸 形
-, , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.