天使のバストアップ

天使のバストアップ

エストロゲン

この3つを低くしたいです。食べない方がいいものと食べた方がいいも

投稿日:

次の条件をすべて満たしている女性の方、お返事下さい。 お返事を頂け...

バストアップブラジャー次の条件をすべて満たしている女性の方、お返事下さい。
お返事を頂ければそれ以上何もしないことを誓います。 16歳~28歳で未婚
身長168㎝以下、体重は今までの人生で最大でも60キロ以下
バスト、ヒップが今までの人生で最大でも90㎝以下
カップは今までの人生で最大でもDかそれ以下
当てはまる方、お返事下さい。


一応回答してみますが……
回答したらなんかあるんですか??w( ???)
◆何もありません。しつこくサイズを聞き出したり、
などのことはしないことを誓います。
誰かを粛々とベストアンサーにするだけです。
一応確認しますが、条件は全て満たしてますか?
満たしていれば条件を満たしてる最初の回答者様なので
ベストアンサー最有力になるでしょう?
◆当てはまります。
でも、たくさんの人が当てはまる程度の
条件だと思いますが・・?
◆残念w
バストが110を超えちゃってるw


成長期に毎日亜鉛とビタミンのサプリメント飲むと身長伸びやすくなり...

バストアップブラジャー成長期に毎日亜鉛とビタミンのサプリメント飲むと身長伸びやすくなりますか?


そのような科学的な知見もありませんし
通常の食事を取っている人に、効果があると考える理由はありません。
◆運動、栄養、休養の三本柱をしっかりやった上でサプリを摂取しないと意味がないですね。
◆身長がいつどれだけ伸びるかは誰にもわかりません。
サプリを飲んだから伸びるとかはデタラメです。
成長期段階であれば運動・栄養・休養が大切です。
運動は骨への縦への刺激が良いとされています。
栄養はカルシウム、ビタミンD、タンパク質を積極的に摂取しましょう。
休養は22時~2時が成長ホルモンの分泌がピークになると言われていますのでその時間は就寝しましょう。
整体など怪しい勧誘にはご注意下さい。
◆成長期には、ぶら下がったりバスケやバレーのように、ジャンプして伸びる運動をすれば、身長は伸びます。
◆身長に影響するかどうかはわかりません。
他の栄養素が足りていなかったら伸びないです。
あとは適度な運動ときちんとした睡眠をとることが重要です。
◆サプリメントは悪魔で栄養補助剤なので身長とはほとんど関係ありません。それに、亜鉛やビタミンをとるなどありますがそれらは成長期に必要な物だけでこれも身長に直接関係ありません。
ちなみにカルシウムなどもありますがカルシウムは骨を強くするだけで伸びはしません。
身長のどれだけ伸びるかは遺伝子的に決まっています。それでも伸びたければ成長期の間に良い生活習慣を取れば少しは伸びる様になります。


この3つを低くしたいです。食べない方がいいものと食べた方がいいも...

バストアップブラジャーこの3つを低くしたいです。食べない方がいいものと食べた方がいいものを教えてください。 r-GT (r-GTP)
総コレステロール
カリウム


r-GT (r-GTP)とカリウムはわからないのですが、
自分は総コレステロールがずーーっと220以上で基準値に引っ掛かるので情報を集めています。
それで、あくまでもこういう「情報があった」だけですが、
総コレステロール
人間のからだに必須の物質で、実は「低い」ほうが危険
・20~24歳 男性 115~221、女性 119~218
・25~29歳 男性 122~235、女性 121~224
・30~34歳 男性 127~250、女性 123~235
・35~39歳 男性 135~258、女性 131~239
・40~44歳 男性 139~265、女性 137~246
・45~49歳 男性 142~267、女性 141~261
・50~54歳 男性 144~269、女性 154~280
・55~59歳 男性 144~269、女性 161~286
・60~64歳 男性 143~267、女性 163~283
・65~69歳 男性 143~265、女性 162~281
・70~74歳 男性 140~263、女性 159~277
・75~79歳 男性 137~258、女性 150~278
★これよりも「すごく」高い場合は、遺伝性で高いのかも、です。
注意すべきは「レムナント」と「小型LDL」
://wwwhealthcareomroncojp/resource/column/topics/25html
・「LDLが悪玉」というのは間違いだそうです。
・本当の悪玉は「レムナントコレステロール」と「小型LDLコレステロール」です。
・血液検査の「LDL」と、悪玉「小型LDL」は、イコールではない。
▼①【HDLコレステロールが少ない人は、悪玉「小型LDL」がみられる。】
▼②【HDLが少なく、中性脂肪が多い人は、悪玉「レムナント」がみられる。】
*悪玉「レムナント」がどのように悪いかと言うと、
・「レムナント」は、酸化しています↓
・体にもともと存在する〈免疫系の細胞〉は、酸化した物を見つけると包み込みます。↓
・〈免疫系の細胞が、レムナントを包み込んだヤツ〉が、血管の内側の壁にへばりついてしまって、動脈硬化の元になる。
*悪玉「小型LDL」がどのように悪いかと言うと、
・「小型LDL」は、サイズが小さいので血管の内側の壁にしみこんでしまって、動脈硬化の元になる。
─────
─────
◎HDL、中性脂肪を改善したい場合、糖質制限やMEC食がいいらしいです。
◎たとえば、「血液検査でLDLが高め」の人で、「HDLがしっかりあって、中性脂肪が少なければ」、「質の良いコレステロールなので、安心」。
◎見るポイントは、「HDLがしっかりあると安心」と「HDLがしっかりあって、中性脂肪が低いのは安心」です。
HDLコレステロール
運動不足や新陳代謝の低下で低値になる
・20~24歳 男性32~78 、女性 41~92
・25~29歳 男性 31~77、女性 42~97
・30~34歳 男性 27~79、女性 43~97
・35~39歳 男性 31~74、女性 42~99
・40~44歳 男性 28~79、女性 42~101
・45~49歳 男性 32~75、女性 40~103
・50~54歳 男性 31~77、女性 33~107
・55~59歳 男性 27~84、女性 34~105
・60~64歳 男性 26~85、女性 35~98
・65~69歳 男性 29~81、女性 34~99
・70~74歳 男性 31~82、女性 27~102
・75~79歳 男性 25~91、女性 31~101
注 : 検査試薬メーカーにより上限値に差があります。
ここでは「第一化学」を示しましたが「協和」では5~10mg/dl低くなります。
中性脂肪
血液中の脂肪の一種。エネルギーの貯蔵庫
・20~24歳 男性 19~113、女性 6~94
・25~29歳 男性 23~119、女性 15~83
・30~34歳 男性 25~129、女性 21~83
・35~39歳 男性 14~162、女性 16~91
・40~44歳 男性 13~172、女性 18~96
・45~49歳 男性 7~194、女性 19~101
・50~54歳 男性 6~180、女性 26~108
・55~59歳 男性 1~179、女性 12~138
・60~64歳 男性 20~163、女性 24~134
・65~69歳 男性 19~161、女性 4~159
・70~74歳 男性 16~162、女性 23~157
・75~79歳 男性 30~135、女性 15~169
─────
「レムナント」と「小型LDL」は動脈硬化の元になる悪玉コレステロールですが、
それ以外のコレステロールは、体の構成材料です。
(「たんぱく質が体の構成材料」っていうのは、なんとなく知っていますよね。「質の良いコレステロールも体の構成材料」です。)
質の良いコレステロールの使い道
私なりに書き直したもの↓
①質の良いコレステロールは、「細胞膜の材料」です。
・コレステロールが不足すると、
・細胞に菌やウイルスが侵入しやすい。
・たとえば、ある種のガン、肺炎を引き起こしやすくなる。
②質の良いコレステロールは、「脳神経細胞の材料」です。
・脳神経の電気信号の絶縁が悪くなると
・たとえば、記憶消失、うつ病、睡眠障害が起こりやすい。
③質の良いコレステロールは、「ホルモンの原料」です。
・副腎皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモン
④質の良いコレステロールは、「消化液(胆汁)の原料」です。
・コレステロールが不足すると
・消化機能の低下
⑤質の良いコレステロールは、「体内で合成するビタミンDの原料」
・コレステロールが不足すると骨がもろくなり、
骨折を起こしやすい。
──────
見た元々の情報は、↓
質の良いコレステロールは、【①細胞膜の構成要素】……コレステロールは、60兆ある細胞膜を作るための重要な材料のひとつです。
・コレステロールが不足すると、細菌やウイルスが細胞内に侵入しやすくなり、
【がんや肺炎などを引き起こしやすくなります。】
質の良いコレステロールは、【②脳神経細胞の構成要素】……約1000億個脳神経細胞の絶縁膜(髄鞘)(ずいしょう)にもコレステロールは必須です。
・髄鞘は、脳の神経細胞間を走る電気情報の漏電を防ぐために重要な組織で、ここの絶縁が悪くなると【記憶消失やうつ病、睡眠障害などが起こりやすくなります。】
質の良いコレステロールは、【③ホルモンの原料】……男性ホルモン(アンドロゲン)や女性ホルモン(エストロゲン)、副腎皮質ホルモン(ミネラルコルチコイド、グルココルチコイド)の原料となります。
質の良いコレステロールは、【④消化液(胆汁)の原料】……コレステロールは胆汁の原料でもあります。
・コレステロールが不足すると、消化機能の低下が起こります。
質の良いコレステロールは、【⑤ビタミンDの原料】……体内で合成されるビタミンDの材料にもなります。
・コレステロールが不足すると骨がもろくなり、骨折を起こしやすくなります。
─────
見た情報のなかで、「コレステロール、大事!!」って印象を受けたのはコレです↓
『オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい』綜合図書 1000円+税
51ページ
◎質の良いLDLコレステロール値が高いほど、死亡率は下がります
【体内に質の良いコレステロールが少ないと、がん細胞の発見も攻撃もできなくなってしまいます。】
体内の免疫システムには、がん細胞を発見すると増殖して攻撃する「細胞障害性Tセル」というリンパ球があります。
それが増殖するとき、コレステロールが必要なのです。
また、発生した異常細胞をがんだと認識する時にも、コレステロールが必要です。
体内にコレステロールが少ないと、がん細胞の発見も攻撃もできなくなってしまいます。
食事で、動物性脂肪やコレステロールを多くとっている人ほど、脳梗塞での死亡率が低くなることもわかってきました。血管壁の材料になるコレステロールは、しっかり供給したほうがいいのでしょう。
結論として、長生きのためには、コレステロール悪者説を見限って、肉を食べることといえます。
───────
(まとめ)
・コレステロールが「とても」高いのは、遺伝性で高いことがあります。(たとえば、総コレステロールだったら400前後とか。でも必ずしも400が目安というわけじゃないので注意してください。)
・遺伝性で高い人は、コレステロールが多い食品は控える。
・遺伝性ではない人は、コレステロールが多い食品を避ける必要はない。
・健康診断「HDLが少ない」→悪玉「小型LDL」がみられる(動脈硬化の元)
・健康診断「HDLが少なく、中性脂肪が多い」→悪玉「レムナント」がみられる(動脈硬化の元)
・HDL、中性脂肪の改善には「糖質制限」や「MEC食」がいいという情報がある。
・悪玉ではないコレステロールは、下げなくていいみたいです。むしろ体の構成材料である良いコレステロールを下げると、弊害がある。
・遺伝性の人は、コレステロールの多い食品は、控える。
「体内で何かしら病気、炎症とかが起きているのが原因で、どれかのコレステロールが〈高くなってる/低くなってる〉ケースもある。」
──────
いろいろ書きましたけど、あくまでもシロウトの私が、自分のコレステロールの高さが心配で集めた情報ってだけですので、ご注意ください(^_^)


-エストロゲン
-, , , , , , ,

Copyright© 天使のバストアップ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.